総合ペット葬祭
ウィンクルムの丘

南九州・南さつま・枕崎地区で初めてのペット葬祭『ウィンクルムの丘』
ペットちゃんの御火葬・ご葬儀・御納骨など執り行っております
2020年12月25日グランドオープン致しました!

《ご注意ください》
☆御葬儀・御火葬・お参りには事前にご予約が必要です
☆急なお持ち込みは対応できない場合がございます
☆年中無休(臨時休業有)
☆動物愛護団体様等の保護動物の御火葬は低価格での特別料金設定有り
☆お問い合わせは365日24時間対応
※女性スタッフが丁寧に対応致します 
 0993-56-3700
お問い合わせ

12/3 更新 ウィンクルム便り(お知らせとブログ)

2021 / 04 / 09  16:15

動物虐待と言うこと

037.JPG

総合ペット葬祭ウィンクルムの丘のホームページにようこそお出で下さいました。

私どもウィンクルムの丘では動物愛護ボランティアJusticeとの共同で
保護動物・自然動物などの葬儀費用を、まず私どもウィンクルムの丘が
料金を特別価格という事で、ぎりぎりまで下げた料金に設定し、
それをJusticeさんへ寄せられた寄付により補助して頂いて、
保護犬猫や自然動物に対するご葬儀と御火葬を低価格で行う

「フューネラルサポート」と言うプロジェクトを行っております。

通常は保護団体様などにしか使って頂けないプロジェクトなのですが
ご事情や状況によってウィンクルムの丘とJusticeの判断により、
一般の方にも一部適用させて頂く事例もございます。

私どもではご利用者さまのセキュリティ面を鑑みて
葬儀などに関係します事はほとんど非公開とさせて頂いておりますが
皆様に広くお知らせしたいときや、知っていただきたい事のあるときなど
時に御許可を頂きまして、イニシャルのみで記事掲載をさせて頂いています。
今日はみなさまにご紹介し、お願いしたい事例がございました。

先日、フューネラルサポートで一部料金を補助させて頂きました猫ちゃんがいます。

その猫ちゃんはウィンクルムの丘にお連れ下さいました
ご利用者Aさまのご自宅に
顔を見せていたノラ猫さんが、
どこかで生んで、車庫に連れてきたのだそうです。

外は危ないので、可哀想に思ってくださったAさまが、
そのまま車庫から追い出すことなく
お見守りをして下さり、
車庫の中で大きくなった子達だと言う事でした。


ノラちゃんの家族なので、その猫家族が顔を見せるたびに声をかけ
ご飯やお水を上げてくださり、体調の悪そうなときは捕獲して
病院にも連れて行ってくださっていたという事でした。

ところが、畑などの多い田舎ゆえの事、周りの方には猫がうろちょろと
顔を見せるのをたいそう嫌う人も苦々しく思う人もいたようで、
近隣の方で犬を散歩させる人が、わざとリードを離し、
猫に興奮する犬を放って、猫たちを襲わせるという事があったそうです。

先日もそんな事件が起こりました。
猫を見かけて敷地内に無断で入ってきて、猫を襲わせたそうです。

ご葬儀をさせて頂いた、野良猫のRちゃんは
元気だったときは、犬の攻撃もよけていたのだそうですが
その時はすでに体調を悪くしており、それをよけられませんでした。
その衝撃で足をおかしくしたRちゃんは足を引きずりながら逃げて行ったそうです。

その一部始終を自宅の中から見ていたA様は飛び出して行って
その犬の飼い主さまに、「いま猫が居ましたよね?」と詰問したそうですが、
その方は慌てて現場を立ち去って行かれたとの事でした。

それからRちゃんは顔を見せなくなりました。
体調を心配したAさまは諦めきれず、一週間探してくださったそうです。
そして、一週間後、近くの草むらから声がして、草をかき分けて探しに行くと
Rちゃんが、もうそこで動けなくなっていたそうです。

Aさまはそのまま保護して、病院に連れて行ってくださいました。
検査の結果、Rちゃんは白血病を発症しているという事でした。
そして、犬に襲われた衝撃で、後ろ足に大きなひびが入っていて
それが原因で歩けなくなっていたそうです。
そのまま、入院することとなり、回復を願ってくださいましたが
残念ながら数日後に病院で息を引き取られました。

Aさまは自分の飼っていた子ではないけれど
生まれた時から顔を見ていた子なので、
自分がきちんとお別れをしてあげたいとおっしゃって
ウィンクルムの丘に連れてきてくださいました。
ご葬儀代も病院代もすべてA様が面倒見てくださいました。
大きなユリの花束に飾られたRちゃんはとても可愛らしく、
A様のお見送りを喜んでいるようでした。


ウィンクルムの丘ではお問い合わせ時とお出でになってから
詳しくお話をお伺いし、事前の病院代等のAさまのご負担を考え、
保護猫ちゃんのご葬儀という事でご葬儀を承り、
Justiceさんがフューネラルサポートの為に寄せられました
皆様からのあたたかなご寄付から
お骨壺とお骨カバー代金を出してくださいました。


私たちも農村地帯に暮らして居るので、
その地における犬猫の扱いには疑問を持つことが多くあります。
そして多勢の方が犬は番犬であり、可愛がる対象ではなく物扱い、
飼い主のいない猫は畑や庭を荒らす害獣と言う認識です。

その為、飼われていてもご飯は残飯、
暑くても寒くても台風時などでも
外に繋がれたまま、
水もめったにもらえずに飼われている犬も多くいます。

保健所や廻りからいろいろ言われてはいけないので、
年に一回、狂犬病の注射の時だけ
身体を洗われて、
みんなの前に連れて行かれるのです。


当然、ノミ・ダニの駆除もフィラリアの投薬もしていません。

避妊・去勢なんてお金を使う事は考えられないことです。
動けなくなったら保健所に連れて行く。
それを当たり前のように思っておられる人も未だに多いです。

もう少しこうして頂くことは出来ませんか?と相談に行けば、
「番犬だからそれでいいんだ。うちのものなんだから
うちが勝手に決めてやるのが当然。他人が余計な事を言ってくるな」

こんな風に持ち物であっても、自分たちと同じ
「いのち」とは思っていない人がほとんどです。

猫はもっと悲惨です。
子猫のうちに捕まれば、袋に入れて川に投げ込まれたり

車ではねたりして、死んでしまっても「カラスのいい餌だ」と言う人までいます。
Rちゃんの様に、犬が喜んで追いかけるからと、襲わせる飼い主さんも多く居ます。

ここにあげたような事例は動物に対する明らかな《虐待》です。
飼われていたとしても、虐待です。
昔とは違い、動物虐待は現在では紛れもない犯罪です。


私たちは毎日御式をして、ご火葬をいたしますので毎日見ては感じることがあります。
人間が亡くなって御火葬され、お骨上げをされる時
特に重要な部分として「のど仏」を見せて頂く事があると思います。

横から見ますと、仏様が手を合わせて祈っているお姿の様に見えるお骨です。

実はこれは、犬にも猫にも同じものがあります。
私たち人間と、同じ場所に、同じように、同じ形のお骨があるのです。

これは、種類は違っても、同じように造られ、同じ命である、と言う証拠です。
少なくとも私はそう認識しています。



ウィンクルムの丘はJusticeさんに協力し、動物愛護にも協力しています。
この記事をご覧になられた方々がA様のような優しさと
動物たちに対する愛情を持って頂けたらと心から願っています。

特に田舎で動物虐待をされている人は、自分にその認識が無い方がほとんどです。
みんな、知らないことは解りません。理解することも気を付けることもできません。
ですから、もし、そんなかわいそうな子たちを見つけたら、

皆さんに出来る小さなことから、虐待防止を発信して頂けませんでしょうか?

遊びに行った先にお水も入っていない、そんなワンちゃんがいたとしたら、
お水が入っていませんね、入れてあげてもいいですかと声をかけ動くことで、
その子はおいしい綺麗なお水を飲む事が出来るのです。

猫ちゃんに少し場所を提供してあげて、ご飯を上げたりして仲良くなれば
保護してTNRなど避妊去勢もしてあげることも可能になります。

虐待に対して日頃から少しお話をするのもいいかもしれません。
悪いことだと知らない相手を傷つけたりしない様に、
優しい心とお言葉で伝えてあげましょう。
皆さん、それが虐待であることを知らないので周知につながります。


大切なのは、周りの人たちとの関係も大切にしながら、
動物の安全を図ることだと私は思っています。

相手をただ否定したり、頭ごなしに糾弾したり、怒りにまみれて戦う姿勢では、
犬猫との共生どころか、人間同士の共生すら難しくなりますから。

こういう時こそ、皆さまのあたたかな思いやりや優しさのパワーで
虐待は犯罪であることを周りに知っていただけたら、と思います。
どうか皆様の優しい御心を小さな子たちにも分けてあげてください。

犬猫をはじめ、動物たちとの共生できる世界を
いま一度、あたたかな心で考え、
ちいさな命のことを考えながら
愛を持って行動してくださる方が増えて行ってほしい

そう願う今日この頃です。

Aさま、ご葬儀をお任せくださりありがとうございました。
あらためまして野良猫Rちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。

総合ペット葬祭
ウィンクルムの丘


2021 / 04 / 06  05:57

ご訪問ありがとうございました

総合ペット葬祭、ウィンクルムの丘のホームページにご訪問あいがとうございます。
2月から冬とは思えない高温が続いておりましたけれども
南では桜もひと段落しまして、初夏に向かって行くかと思われましたが
今日から全国的に少し気温が低めが続くようです。
今朝は気温も一桁で南の山でもストーブを入れました。

このところ、御利用下さいました皆様がグーグルの検索案内の方に口コミを書いてくださったり
差し入れや動物愛護ボランティアJusticeさんの小さな森の犬猫舎の保護っこたちにと
亡きお子様の遺された大切な御遺品やお形見のお品、フードなどをお持ちくださって
わざわざウィンクルムの丘まで足を運んでくださるご利用者さまがおいでになり
私たちウィンクルムの丘のスタッフもとても嬉しく感謝の気持ちでいっぱいです。
皆様、本当に有難うございます。

少し頂きました物のお写真を掲載させて頂きます。
すでに使用させて頂いており、お写真のない方もございます。
文章のみにてのご紹介をお許しくださいませ。

024.JPG
Yさまより、スタッフに差し入れを頂きました。

お心遣いありがとうございます。おいしく頂きます。


023.JPG
Tさまより亡き愛するお子様の遺されたフードを協力愛護団体の保護猫たちに頂戴しました。

有難く使わせて頂きます。ありがとうございます。


また、S様より、スタッフに美味しいお手づくりのお総菜やスイーツ、
保護犬たちに亡き愛犬ちゃんの使われていた水飲みボウルやリードをお譲り頂きました。
中型犬の保護犬たちに使わせて頂きます。本当に有難うございます。

また、FさまにはJusticeの活動費にとご寄付を頂きました。
恵まれない子たちの為、命を繋ぐために有難く使わせて頂きます。

沢山の方の愛に感謝いたします。
いずれも亡きお子様とご家族様からの命を繋ぐための尊い贈り物として
たいせつにたいせつに使わせて頂きます。
本当にありがとうございました!

さて今朝は冷えましたが、お日様ものぼって暖かくなってまいりました。
今の二十四節気は「清明」
清明は「清浄明潔」の略だそうで、万物が穢れなく清らかで生き生きしているという意味だそうです。

花が咲き、鳥は歌い、空は青く澄み、さわやかな風が吹き
すべてのものが春の息吹を謳歌する頃、と言う季節です。
皆様も春の清らかな時を穏やかにお過ごしください。

いつもありがとうございます。
感謝と共に

総合ペット葬祭
ウィンクルムの丘


2021 / 04 / 03  12:40

四十九日(ご祈念日)のお渡しもの

002.JPG

総合ペット葬祭ウィンクルムの丘のHPへご訪問下さりありがとうございます。

有難いことにウィンクルムの丘もグランドオープンから3か月を迎える事が出来ました。
3ヶ月となりますと、こちらでご葬儀をお任せいただいたペットちゃんたちも
お出で頂きました順に四十九日、百箇日とお迎えになられております。

私どもはどんなご信仰をお持ちのかたもお迎えしており
特に施設の固定の宗教はおいておりませんが
皆様方のお心やペットちゃんたちを優しくお見守りくださるご存在として
皆様にも身近な観音様や仏様、天照さまやマリア様や天使たちと言った
天の世界の聖なる方々をお迎えし、施設内の各所をお護り頂いております。

その様にウィンクルムの丘独自の自由なスタイルで皆様にもご利用いただいております。
四十九日も百箇日も、小さな愛する子たちに私たち人間と同じようにしてあげたい、
と思われます方にはとても大切な一日ですし、同じように宗教が違えば大切な日も変わります。
それぞれの大切な日を、愛溢れる祈りの一日としてお過ごしいただける様に
私たちは努力させて頂きますので、ご希望があればどうぞ御気兼ねなくご相談下さいませ。

四十九日や百箇日、また御納骨日、その様な大切な日を「御祈念日」といたしまして
ご家族様とご一緒に私共もあらためましてご冥福をお祈りいたします。

この頃は合同御火葬のお子様方の月命日や四十九日などご祈念の日に
沢山のご家族様がおいで下さっております。
愛するお子様のみならず、フューネラルサポートで御火葬した
野良っこや飼い主さんたちのいない子たちにも優しいお気持ちで
丁寧にお手を合わせてくださり、とても嬉しく感謝しております。

中には今生きている子たちにいのちを繋ぎたいと
Justiceさんの保護施設にご寄付くださる方もおりまして
一皆様方のお優しさに心打たれる日々でございます。

ウィンクルムの丘では、施設内に「癒しと祈りの洪福堂」と言う
独自の手づくりによるお悔やみの商品を置かせて頂いております。
(売り上げの一部はJustice犬猫舎の保護犬猫と愛護活動に寄付されています)
四十九日や御命日、御納骨など御祈念日にお参りくださるご家族さまには
商品の中から、御一人御一人の飼い主さまとお子様をイメージしてお作りする
世界に一つだけのオリジナルのエンジェルフォトキーホルダーを
御祈念日の贈り物としてお贈りさせて頂いております。

また御供養にお出でになれない利用者さまにも、ご希望の方には送らせて頂きます。
どうぞお電話にてご希望をお伝えください。

私たちからのささやかなお悔やみの贈り物ではございますが
愛するお子様のお写真を入れて、お近くに置いてくだされば嬉しいです。

キーホルダーにはお子様の御魂を優しくおつつみして御守り頂ける様に
手作りの天使チャームや蓮の花、犬猫の足形、犬猫のチャーム、
チベットやイタリア、ローマ、フランスなど聖地観から取り寄せた
観音様やお釈迦様やマリア様や動物の守護聖人足時のフランチェスコなどの
正規品のメダイユなども使わせて頂き、一つ一つ祈りを込めて御つくりしております。
ご希望の方にはお名前ビーズでお名前もお入れしますのでお知らせくださいね。

ここでお過ごしくださったご家族様と小さな子たちが
何時までも優しい愛の中で過ごせますように心から祈りたいと思います。

皆様、いつも本当に有難うございます。

感謝と共に
総合ペット葬祭
ウィンクルムの丘


2021 / 04 / 02  11:38

新年度が始まりました

031.JPG 

今年も桜の季節がやってきて、昨日から新年度が始まりましたね。

3月も沢山のご家族様に大切なお子様のご葬儀をお任せいただき
スタッフ一同あらためましてお子様方のご冥福をお祈りするとともに
皆さま方から頂きましたお優しいお言葉などに心より御礼申し上げます。
大切な御時間をご一緒させて頂き本当にありがとうございました。

ウィンクルムの丘一同、これからも皆様に寄り添い歩んでまいります。
この四月、そして新年度も何卒よろしくお願い申し上げます。

さて、近年は災害が多く、この頃も大きめの地震が多かったり、
自然の大きな力を感じることが多くなってきました。
皆様は防災のための対策などどんなことをやっておられますか?

私たちスタッフは動物愛護ボランティアJusticeとしての活動も
同時に行っておりますので、わんにゃん達も多くいますし
いざというときの為のテントの用意や
お水やフードなどの確保などしています。
人としても出来るだけ長期保存できるものをストックしたり
手づくりで保存食なども多く作ったりしています。

この冬はリンゴやミカンをたくさんいただく機会があり
今年はジャムやリンゴ酢などをたくさん仕込みました。
そんなわけで新年度一番目の家事は
リンゴ酢から取り出した林檎のジャムを煮る事でした。
リンゴ酢もリンゴジャムもなかなか善くできたので嬉しいです。
これで、しばらく飲み物やパンのお供も安心です。

安心できるってとても幸せなことですよね。
皆様も新年度、防災などのチェックをなさってみてくださいね!

いつもご訪問ありがとうございます
感謝と共に

総合ペット葬祭
ウィンクルムの丘

 

2021 / 03 / 25  15:40

お渡しものと「癒しと祈りのこもの洪福堂」

癒しと祈りのこもの 洪福堂 (1).png

ウィンクルムの丘のホームページへご訪問いただきましてありがとうございます。

昨日もとても心あたたまる慈しみ深い御式にご一緒させていただきました。
それぞれのご家族様の小さなお子様への深い愛情にふれて
私たちも心いやされるそんな時間で御座いました。心より感謝申し上げます。

今日は空き時間もありましたので、Justice犬猫舎の
小さい子たちのお世話をしつつ、せっせと手を動かしておりました。

ウィンクルムの丘では、お帰りの際にちいさなお悔やみのお品をお渡ししています。
ウィローツリーの美しいカードと一週間分のお灯明用の小さなおろうそく
それから、ひとつひとつ手編みした天使のオーナメントやビーズの天使チャームなどです。
今日はその天使さんを編んでおりました。

008.JPG

018.JPG

また四十九日や御命日などにお参りくださった方や
ご納骨にお出で下さいましたご家族様には
写真をお入れできるキーホルダーなどもお渡ししています。

ウィンクルムの丘で販売している商品や手作りのお品は、
「祈りと癒しのこもの洪福堂」という手作りショップとしておいています。

洪福堂ではこのウィンクルムの丘をオープンするずっと前から
ペット葬儀やグリーフの心に向けた癒しと祈りの為の手づくりこもの、
そして日々のいろんな場面で優しい気持ちの中で選んでいただけるお品
動物愛護の一環として、ちいさないのちを救うための寄付付のお品物などを
「癒しと祈りの洪福堂」としてこれまでも手作りしてまいりました。

手作り品だけではなく、厳選したあたたかな祈りある商品の仕入れもしています。
その代表的なものが「ウィローツリー」の彫像ドールです。

123.JPG

手作り品では亡きちいさなお子様をモデルにした小さなドールもオーダーで製作しております。
当ショップのドールはそっくりなものは敢えて作っておらず、
大きさも手のひらサイズの小さめが主流ですこしクラフト感を残した可愛らしい仕上がりが特徴です。

332.JPG331.JPG


もともと、私たちは羊毛クラフト流行の発端となったシュタイナークラフトで有名な
シュタイナー学校の手仕事のクラスの教師や卒業生だったりするので、
いろんな手作りや羊毛細工や糸紡ぎなど日常にしていて
手仕事自体が生活の中にあって、とても身近でした。

手づくりのお品は人によって受け止め方も大きく違うと思います。
いいなあと言ってくださる方も居れば、ちょっとなぁという方もいらっしゃるでしょう。
ショップではどちらのお好みの方にも選んでいただける商品を選ぶよう心がけています。

癒しと祈りの洪福堂では、手作りするものは祈りを込めて丁寧にお作りします。
ほとんどが一点もので、手作りですから、同じものはないと言えます。
仕入れるものも、同じように祈りを込めて丁寧にお選びしています。

その思いは目には見えなくても私たちの
祈りとなって
それをお求め下さった方々、また小さな子たちを
優しく包み癒してくれるもの、と信じて手を動かしています。

お悲しみや日々のお心動く時だからこそ
出来るだけ多くの方にお手に取っていただけるように
出来る限りお求めやすい料金にしております。

いまネットショップも準備中です。
準備できましたら、またお知らせいたしますので
是非そちらの活動も覗いてみてくださいね。

さあ、今日も頑張って手と心を動かしたいと思います。
いつもありがとうございます。

総合ペット葬祭
ウィンクルムの丘


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
2021.12.07 Tuesday